■フラッグアートについて





盛岡フラッグアート展とは横幅200センチ縦幅285センチのシーツに描いた絵を肴町にあるアーケードの梁に吊るして鑑賞する芸術のカオリかぐわしいアートイベントです。
元々は岐阜県の神田町通りという商店街で行われていたものを、「これは素晴らしいイベントだ!」という事で肴町の青年部がパクッて来たのが始まりです。(勿論、岐阜県の商店街の方にご許可を頂いております。)

毎年10月くらいになるとアーケードに大きい旗が飾られているのがそれです。期間中はアーケードの中に皆さんが描いた作品が掲載されているという訳です。